2010年6月10日

朝まで呑みました


どうも タニナカです

先日 最近すごくお世話になっている素晴らしいアーテイストのbuggyさんと二人 ビールのお祭り
おもしろ話&少し真面目話にスイッチが入り気がつくと朝の5時、、、美味しいお酒が呑めました 
バギーさん ありがとうございました!!また 近いうちやりましょうね


バギーさんの事務所で見せて頂いた最近のお仕事 ap bank fes2010
イラストが凄くいい感じでしたよ 是非チェックしてみてくださいな 


ap bank HP

buggy HP


ap bank フェスティバルのホームページをみて思いましたが やっぱり夏は外で音楽ですよね
今年もメタモルフォーゼ行きたいですな(笑)

でわ また

点心


どうも タニナカです

1年程前に友人のトミー氏に連れて行ってもらった 大阪天満にある点心の超美味しいお店 「上海食亭」へ久しぶりに行きました

やはり 美味しいですね
個人的にはニラ饅頭が大アリです ハマりますよ 是非!!


でわ また 

2010年6月7日

久しぶりに      



かなり久々のブログ

先日 私の大好きな音楽家のマシューハーバート(Matthew Herbert)を聞きに京都へ行ってきました
素晴らしいサウンド 流石の一言
テンションあがりました!!!

↓新作の「ONE ONE」もいい感じでしたよ 是非



今後 気が向いた時にブログ書こうとおもいます

よろしくお願い致します

タニナカ

2010年4月10日

やっぱり

久々にネットサーフィンして思ったのですが やっぱりエエですね
keepdrafting
コフィーワン 素敵です ↑チエックしてみて下さいな


タニナカ

2010年3月18日

Rest In Peace

本日、正式発表されたNUJABES氏の逝去
実は 少し前にせばさんのマネージャーを通して事件の事を聞いていたので知っていました

セバさんとは7年ぐらい前にイベントを通して知り合いました
いつもレコード話をして元ネタをたくさん教えて頂きました
会う度にする機材のお話はめっちゃ楽しかった
都内で一緒に食べたもんじゃ焼はめっちゃうまかったですね
関西でのイベントの時は 毎回のように一緒に朝迄呑みまくり イベント後のラーメン屋コースは最高でした
去年のメタモルフォーゼ 一緒にテントで呑んだ酒はホンマにうまかった
せばさんからは たくさんの刺激、思い出をもらいました

本当にありがとう せばさん

谷中弘治

2010年3月12日

3月27日 土曜日


どうも谷中です

イベントのお知らせです

DJ CAM『Seven』Album Release Party
久々、フランスより僕の大好きなアーティスト”DJ CAM”氏が来日!!
いや〜〜楽しみです 
前回のツアーの時は神戸でご一緒させて頂きました。覚えてはらへんやろーけど(笑)
UYAMA君もライブで参加 またお酒パーティー開催ですね
皆様もぜひ

タニナカ

_____________________________________________________
_____________________________________________________

2010/3/27 土曜日 @TRIANGLE
DJ: DJ CAM
GUEST LIVE:Uyama Hiroto(hydeout productions) feat. Tatsuya Segawa(hydeout productions)
LIVE: 一鉄 a.k.a ILLUGUN

OPEN 23:00
CHARGE ADV:2500(W1D) DOOR:3000(W1D)
チケットINFO e+ イープラス


::DJ Cam::

1973年、パリ生まれ。1994年、彼の最初のレーベル”Street Jazz Records”を立ち上げる。1995年に初のLP 『Underground Vibes』を発表以降、いわゆるアブストラクト・ヒップホップの第一人者と評価されている。1996年には”Sony Records”とアルバム5枚の契約を結び、『Substances』をリリース。改めてCamの評価は高まった。このアルバムは世界で30 万枚のセールスを達成し、これを契機にMassive Attackのオープンアクトをはじめ、精力的に活動を行っていくことになる。1997年には”K7″の『DJ Kicks』を担当し、翌1998年に『The Beat Assassinated』をリリース。Kenny Dope、Thievery Corporation、Attica Blues等、錚々たるアーティストによるCam作品のリミックスが発表され、Cam自身もMiles DavisやMacy Gray、Jean Michel Jarreのリミックス作品を発表した。2000年、ヴードゥーカルチャーをベースとしたアルバム『Loa Project』をリリース。また、同年発表のシングル”Voodoo Child”はMCとしてAfu Raを迎え、大きな影響を受けたというDJ Premierがリミックスを担当した。2002年には、アンプラグド・トラックのみで構成されたアルバム『Soulshine』を発表。Anggunをフィーチャーした「Summer in Paris」は100万枚のセールスを誇る世界的ヒット曲となった。Cameoをフィーチャーした「Love Junkee」はJay Dee (J Dilla)にリミックスされ話題を呼ぶ。同時期、Camは自身のライブバンドを率いてMontreux Jazz Festival、The Nice Jazz Festivalなどのビッグフェスにも参加、さらにはMichael Jacksonの「You Rock My Word」、Nasの「Made You Look」などのビッグアーティストのリミックスも多く手掛けた。
 2010年は、『Soulshine』以来となる最新フル・アルバム『Seven』のリリースを控えており、ファンならずとも注目の来日となるDJ CAM。このニュー・アルバマからは、昨年の11月に先行シングルとして女性シンガー-Nicoletteをフィーチャーした「Love」をリリースしており、Chris James(Stateless)、Inlove、Nicolette、Inloveを迎えたこの最新アルバムは、1996年発表の『Substances』の作風を引き継ぐような作品となっているとのこと。

2010年3月5日

CD届きました


音楽レーベル 「SOLID STATE」より素敵なCDが届きました。
全てサンプリングで制作されたサウンドは新鮮
個人的には 夜ドライブがはまりました!!ぜひ

TANINAKA



solidstate-web
http://solidstate-musiclab.com/index.html

Seietsu
「Freeform Breaks」

束縛からの解放とバンダリズム的精神。混沌としたメッセージが集まり、唯一無二のドラミングとクリスプで強靭なサウンドを作り出した。まさにそれは「Free Breaks」という新たなジャンルの幕開けである。

このアルバムの核となるコンセプトとして、欠く事の出来ない要素。
それが、”フリージャズへのオマージュ”だ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1950年~1960年に調和のとれた制限への不満からそれまであった音楽を破壊し既成概念にとらわれない
新しいジャンル「フリージャズ」が生み出された。
 それから約半世紀コンピューターが音楽を奏で革新的な進歩により不可能を可能にした、それと同時にソースを同じとする音楽が緩やかに並列を生み、気づかないうちにそれは可能性を狭めて来た。

HIP HOPという音楽を起源に限られた世界の中でその限界を何処まで打ち破れるかという”試み”と”破壊”を行ったのがこのアルバムである。強く深く形成された思考はメッセージへと姿を変え、それが新しく独特なドラミング、クリスプなサウンドを生み出している。
それは可能性の解放であり、またその解放によって紡ぎだされたサウンドは今までのどれとも類を同しない新しいジャンル
=「Free Breaks」へとストーリーを展開して行く。