2009年4月18日

GM 001

レコードが大好きな私ですが 
このブログを通して昔の音楽(ジャズ、ソウル、ロック、ブラジル、実験的音楽)等の素晴らしいグッドミュージックを紹介していこうと!定番、珍しいモノまで幅広く、、、、 
今まで昔の音楽に興味がなかった方に好きになって頂けたらなーっと!!!偉そうですみません(笑)

で、

vol 1 は僕の中では神様的ピアニスト”AHMAD JAMAL”(アーマッド・ジャマル)。
1930年7月2日ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。53年にマイルス・デイヴィスからその演奏を大きく評価され彼のコンボに入団するよう誘われたが、「シカゴを離れるつもりは無い」という理由で断ったので、その代役がレッド・ガーランドになったらしい。58年に発表したアルバム「バット・ノット・フォー・ミー」(ARGO)が 100万枚の大ヒットを記録したみたい。。。。ジャズのレコードが100万枚?!!本当に良い時代ですよね。

数々の名作を残してきたピアニストJAMAL、ホンマにいいレコードが多いですよ
ヒップホップはもちろんですが”あのフレーズ””あの曲ってこれなんや!”と驚く程数多くサンプリングされています。個人的には20TH CENTURY,CADETからリリースされたのが好みですが、やはりインパルスからの永遠のピアノトリオ名作"AWAKNING" がクラブ系から人気です。


↓abcからの"TRANQUILITY" 収録曲のスタンダート”I Say A LITTLE PLAYER"はハンパないです。


TANINAKA